システム,テクノロジー

2017年01月16日

今後5年間、世界中で破壊的なIT技術はここにあります!!!(前半1~5)

Gartner:Top 10 Strategic Technology Trends For 2017

http://www.gartner.com/smarterwithgartner/gartners-top-10-technology-trends-2017/

 

フォーブス誌によると、アメリカのオーランドで開催されたガートナーシンポジウムで、

市場調査会社ガートナー・リサーチのシニア研究員&副社長のデビッド・カリ(デビッドCearley)は、この機関が2017年にはTOP10の戦略的な技術動向の予測を説明しました。

彼のいわゆる「戦略的技術」、これらの技術は、今後5年間で転覆のための大きな可能性を持っていることを指します。

彼はまた、これらの技術は、数字と演算ビジネス機会の背後にある原動機になるようにTOP10の傾向があり、次のように述べています。

1.AIと高度な機械学習

Artificial intelligence making possible new computer technologies and businesses

人工知能(AI)と高度な機械学習は深層学習やニューラルネットワーク技術となります。

このような技術は典型的には、より広範なフレームワークとアーキテクチャを開発するために高度な統計的手法を用いて、手作業を自動化するためにアルゴリズムを使用します。

彼らは人間のように知識を学び、未来を予測するために過去のデータを使用することができます。

これらのシステムは、ますます使用されていて、大幅に自動運転の進歩を促進します。

カリは言った: “高度なAIと機械学習が多くのインテリジェントなデバイスやサービスを作るために役立つことができ、物理デバイス(ロボット、自律車両、家電)を含み、

アプリケーションとサービス(仮想パーソナルアシスタント、インテリジェント顧問)などです。

機器、既存のソフトウェアとサービスソリューションより広い範囲に埋め込まれたインテリジェンスのためのサポートを提供しながら、

これらの技術は、新しいスマートアプリケーションやデバイス出産の数を多く寄与することができます。”

 

2.インテリジェンスアプリケーション

インテリジェントなアプリケーションは、非常に多くの場合に人間のアシスタントとして働き、

たとえば、仮想パーソナルアシスタント。

彼らは、スケジュールを管理し、タスクを実行し、電子メールや他のメッセージを対応するような仕事ができ、それに楽的に完成できます。

仮想パーソナルアシスタントと仮想の顧客サービスは、、多くの企業が従業員を募集する形と多くの仕事の性質を変更することができるはずです。

カリは言った: “次の10年間で、ほぼすべてのアプリケーション、サービスは、或る程度のAI支援を持ちます。

これは長期トレンドを形成するはずです。

これらのトレンドは、AIと機械学習の進化を推進すると同時に、アプリケーションとサービスの使用率を拡大していきます。”

 

3.スマートオブジェクト

幸いなことに、ネットワークのパワーを説明する記事が多くありました。

スマートオブジェクトは、人間とその周囲と対話するためにAIと機械学習技術を使用します。

最も典型的な例には、新興無人車両、無人機、スマートホーム、スマートキッチンです。

ガートナーは、これらのスマートオブジェクトのリンクがますます近くなり、継続的に我々の生活水準を向上させるだろうと予測しています。

 

4.VR&AR

バーチャルリアリティ(VR)と拡張現実感(AR)は、ゲーマーやいろんな消費者の想像力の集めているが、彼らはますますB2Bに影響を与えます。

カリは言った: “2021年前に、没入型の消費、コンテンツ、およびアプリケーションが急速な進化になります。

VRおよびARのパワーはデジタルネットワーク(デジタルメッシュ)と融合し、よりシームレスなシステム装置を形成でき、

このシステムは、情報の流れを統合することをしながら、超個人的なサービスをユーザーに提供します。

クロスモバイルプラットフォーム、ウェアラブルデバイス、ネットワーク、センサー豊富な環境、大幅に没入型アプリケーションの範囲を拡大していきます。

客室と空間がより活発になり、ネットワーク接続を介して没入型仮想世界と完璧な組み合わせになります。

 

5.デジタルツインズ(Digital Twin)

デジタルツイン動作は実際にメタデータ、条件または状態、時間データ、及び分析のインターセクション(交差点)です。

デジタルツインは物理的オブジェクトのソフトウェアモデルで、センサデータの状態を理解し、オブジェクトの変更によって変更し、業務効率を向上させ、価値を増加させることができます。

カリは、今後5年間で、デジタル・オブジェクトツイン操作は数百万以上があるだろうと予測しています。

これらは、設備計画サービスとプラントの運転で使用され、

デバイスが故障したときに予測し、業務効率の向上し、新製品の開発を支援するなどで多く使われます。

時間が経つとともに、それらはまた、操作する過程の中でインテリジェント制御および監視者となります。

 

次回後半(6~10)お楽しみください…

書いた人:シンケン

関連記事もどうぞ

あなたの困りごとや相談したいことを教えてください。

03-6459-4622

【受付時間】平日 09:30−18:30

直接会ってお話を伺いたいから。

Access

アクセス

東京本社

〒108-0073
東京都港区三田2-7-13 TDS三田ビル7Fダイアモンドヘッド内
TEL:03-6459-4622
  • 都営大江戸線「赤羽橋駅」 赤羽橋口より徒歩7分