運用,web制作

2018年07月25日

SSL対応について

キャプチャ

最近はWEB制作のご提案時にSSLについてご相談されることが多くなりました。
SSLに対する関心がより高まってきていることを感じます。

 

7月と言われていたGoogle Chromeの次期アップデートでは、
SSL化対応がされていないすべてのWEBページに警告が表示されるようになることもあり、
企業のご担当者にインパクトを与えている状況です。

ご存知とは思いますが、SSLとはWEBサイトの通信を暗号化することで個人情報を守るセキュリティ対応のことです。(SSL/TLS暗号化)

SSL対応を行うとURLが「http://」から「https://」に変わります。

「http://」・・・SSL未対応
「https://」・・・SSL対応済

前述のGoogle Chromeのアップデートにより、WEBサイト上のSSL対応がされていない全ページで
警告が表示されてしまうようになると、ユーザーからの信頼感は下がってしまう恐れもあります。
よって、サイト上の全ページでSSL対応させる「常時SSL対応」が必要となります。

常時SSLでは、SEOの面でも有利に働くとされ、またユーザーからも画面上に「保護された通信」と表示されますので
サイトや企業への信頼感が増すと考えられます。

まだ対策がお済みでないWEBご担当者様は、ぜひご相談ください。

 

営業:綾城

関連記事もどうぞ

あなたの困りごとや相談したいことを教えてください。

03-6280-5644

【受付時間】平日 10:00−19:00

直接会ってお話を伺いたいから。

Access

アクセス

東京本社

〒108-0073
東京都港区三田2-7-13 TDS三田ビル7Fダイアモンドヘッド内
TEL:03-6459-4622
  • 都営大江戸線「赤羽橋駅」 赤羽橋口より徒歩7分